space 顧客戦略8つのポイント ソフト無料体験版 お客様の声 セミナー情報
ソフト機能紹介 通販企業の方はコチラ 資料ダウンロード お問い合わせ
お客様との「絆」を深める顧客管理ソフト−顧客管理成功ノウハウ

お客様の心に響くフォローとデータ分析で売れる仕組みをつくる8つのステップ

いますぐ顧客管理システムトライアル版をダウンロード(無料)

ステップ3:既存客からリピート購入を増やすための戦略とは?

伸び続ける会社の経営者は、「新規客の集客」と「既存客のリピート」の顧客獲得コストがまったく違うことを知っています。

これは、是非、計算していただきたいのですが、

確かに、広告費を使って新しい客を集客するコストに比べれば、既に、相手の連絡先のわかっている顧客にメールやDMを送るほうが、はるかにコストがかかりません。

いままで、「新規客の集客」にばかり、力を入れている経営者も「既存客のリピート」に力を入れることで、

これまで、受け取るはずだった売上(利益)を、すぐに取り戻すことができるはずです。

では、どのようにすれば、売れる仕組みが最短ステップでつくれるのでしょうか?

それは、カンタンです。

顧客管理システムに、既存客からリピート購入を増やすためのステップを、セッティングしておくだけなのです。

それでは、実際の事例でご説明しましょう。

この例では、健康食品の会社が、商品を購入していただいた方に対してお礼状を出す一連のフォローです。

目的は、顧客満足度を下げないことで、リピート率のアップとお客さまの紹介を増やすことです。

  1. 商品を購入していただいた翌日に、お礼状(サンキューレター出します。
  2. 1.の8日後に、"健康食品を飲まれて1週間くらいになりますが、体調はどうですか?"と電話をかけます。
  3. 2.の11日後に、"飲み始めてそろそろ3週間になりますが、体調の変化はありますか?"と電話をかけます。
  4. 3.の1ヶ月後、ニュースレターを送って効果的な飲み方などの情報をお知らせします。
  5. 4.の1ヶ月後、ニュースレターを送って当社の商品や当社自体を忘れないでいただきます。

ニュースレターを送る目的は、お客様への有益な情報のお知らせと当社の商品や当社自体の存在を忘れないでいただくためです。

既存客からリピート購入を増やすためのステップ

このように、お客さまが商品を購入した後も、アフターフォローを行うことで、会社のことを信頼し、
その結果、リピーター、さらには優良顧客へ育つのです。

これが、既存客からリピート購入を増やすための戦略となるのです。

さらに、短期間で売れる仕組みを作るためには、この戦略を自動化する必要があります。

どのような仕組みなのでしょうか?

お客様の心に響くフォローとデータ分析で
短期間で売れる仕組みをつくる
8つのステップへ
ステップ4:毎日30分でできる、自動的に売れる仕組みとは?

space

次のステップへ

▲このページのトップへ