当社のミッション

私たちは、

顧客戦略に特化したシステムの開発と
それを活用して売上を増やすためのコンサルティングを行うことで、
中小企業の業績向上に貢献いたします。

経営理念

  1. 中小企業の業績向上に貢献し、日本を元気にする一助となる。
  2. 社会から求められる会社になり、中小企業にとって無くては困ると言われる存在になる。
  3. 仕事を通じて新しい付加価値を生み出す。
  4. 1+1=∞の精神でいく。
    (解説)一人の力は弱いけれど二人になれば二人以上の力になり、N人になれば無限大の力を発揮する。

ご挨拶 & プロフィール紹介

山口大学文理学部理学科数学専攻卒。
23歳でコンピュータ業界に入り、受託ソフトウェアの開発会社やCAD/CAMのソフトウェア開発会社にエンジニアとして勤務。
独立後、企業専用のアプリケーションソフトを開発する傍ら、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)の手法を学び、DRMに特化した顧客管理システム(商品名:顧客サポートシステム)を開発し、アスクルやニッセンなど通販で有名な東証一部上場会社から中小企業まで400社を超える企業に最先端の顧客管理の手法をアドバイスする。
2007年より、健康食品の通販で有名な「やずや」の大番頭・西野博道氏が開発した顧客ポートフォリオ理論(CPM分析)を普及するために会員制の勉強会を主宰する。
2010年9月、もっと会員様との絆を深めることを目的に「絆づくり研究会」を発足させる。
クライアントの中には、1年で顧客数が5500人から9300人と1.7倍にアップし、それに伴い月商も800万円から1600万円と2倍にアップした企業が現れるなど、顧客ポートフォリオ理論(CPM分析)の実践を通して、売上アップの秘訣を伝導している。

メッセージ

日本人は、「〇〇管理システム」という言葉が好きなようです。
「在庫管理システム」とか「工程管理システム」などですね。
確かに、在庫の商品を管理したり、作業の工程を管理するのですから、よく分かります。
しかし、「顧客管理システム」はどうでしょうか?
顧客を商品や工程のように管理するのでしょうか?
これでは、あまりにもお客様に対して失礼だと思います。
「顧客データの管理」なら分かりますが・・・。
しかし、もっと大切な事は「お客様をサポートするとかフォローすること」ではないでしょうか。
そこで、弊社では「顧客管理システム」ではなくて「顧客サポートシステム」というネーミングにしたのです。これは、私のこだわりです。
ところで、2006年に初めてお会いした、やずやの大番頭である西野博道氏からお客様に対する考え方をお聞きしたとき、共感するものが非常にたくさんありました。例えば、「売上アップの要はお客様との絆を築くことである!」などです。
「顧客管理システム」という言葉からは、お客様との絆を深めるという発想は湧いてきませんが、「顧客サポートシステム」という言葉からは、個々のお客様をフォローすることによって、お客様との絆を深め、それを自社の業績アップにつなげる、という発想が湧いてくると思いませんか。
弊社では、「御社とお客様との絆を深めて業績アップのお手伝いをする」ことをミッションにしておりますので、今後ともよろしくお付合いをください。

株式会社インターメディアコンサルティング
代表取締役 矢野 芳幸

会社概要

会社名
株式会社インターメディアコンサルティング
代表者
矢野 芳幸
本社住所
〒802-0014
福岡県北九州市小倉北区砂津1丁目6番25号 小文字幹線ビル203号
本社連絡先
Tel:(093)513-8770 Fax:(093)513-8769 Mail:info@intermedia.co.jp
資本金
1,000万円
会社設立
昭和53年10月16日
ミッション
顧客データベースに特化したシステムの開発と活用するノウハウの提供を通して、中小企業の業績向上に貢献し、日本を元気にする一助となる。
業務内容
1. 顧客サポートシステムの開発および販売
2. 顧客サポートシステムの運用コンサルティング
3. ホームページの製作およびコンサルティング
4. アプリケーションソフトの受託開発
5. 経営者に役立つセミナーの企画および開催
備考
当社の経営革新計画が承認されました
承認番号:第4759号
承認日:平成27年10月30日
計画内容:高単価商材向け顧客成長分析システム「RFM-Plus」の開発と提供

沿革

昭和53年10月
有限会社矢野設計として矢野三人(現社長の父親)が機械設計図面製作会社として設立
平成元年10月
有限会社矢野設計に矢野芳幸(現社長)が入社し、コンピューター事業部を併設する
平成5年3月
機械設計図面製作業務から撤退する
平成5年9月
有限会社インターメディアシステムに改称
平成8年1月
矢野芳幸が代表取締役社長に就任
平成12年4月
神田昌典氏が主宰する「顧客獲得実践会」に入会し、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぶ
平成14年5月
一年かけて開発した「顧客サポートシステム」の販売を開始する
平成14年10月
顧客サポートシステムで経営革新計画の承認を受ける
平成18年8月
やずやの大番頭である西野博道氏に出会い、顧客ポートフォリオマネジメント理論を学ぶ
平成18年12月
有限会社インターメディアコンサルティングに改称
平成19年6月
半年かけて「顧客ポートフォリオ分析システム」を開発する
平成19年8月
顧客ポートフォリオマネジメント理論を広めるために「リピート顧客倍増実践会」を立ち上げる
平成20年9月
株式会社インターメディアコンサルティングに組織変更
平成22年9月
顧客ポートフォリオマネジメント理論をもっと深く学ぶために会員制の「絆づくり研究会」を立ち上げる
平成26年3月
顧客ポートフォリオマネジメント理論をベースにしたリフォーム業界向けの顧客分析手法(RFM-Plus分析)を開発し販売を開始する
平成27年10月
RFM-Plus分析にて経営革新計画の承認を受ける(承認番号:第4759号)

私たちをもっと知ってもらうために...

Our Partners

私たちのビジネスパートナーを紹介します。

TOTOリモデルサービス
占部大観堂製薬株式会社
グリーンファースト株式会社
山内経営コンサルティング事務所

お問合せについて

当社がご提供するサービスや製品について、電話でも受け付けています。
お気軽にお問合せ下さい。
電話:(093) 513 8770 10:00~17:00
お問合せはこちらから...(電話以外のお問合せは24時間受付けています。)